奥津城まで

所謂日記だ。ブログには何度もトライしては挫折してきた。出来ることなら長く続けたいと思い、上のようなブログ名にした所存。

立春も過ぎましたね

やっはろー。気が付けば今年も残す所11箇月を切ってしまった。そうは云っても、特段月日が過ぎるのは早いとも感じない。時間とか、年齢とかも気にせず漫然と生きているからだろう。焦燥すらも通過し、呆然としている己が行く末が視えると云うものだ。

 

訃報があると色々と思うものだ。最近では、野中広務とアーシュラ・クローバー・ル=グウィンが亡くなった。

前者については、以前魚住昭の『野中広務 差別と権力』を読んだ。1994年に松本サリン事件が起こった際、冤罪の容疑を掛けられた河野さんに対し真っ先に謝罪したのも野中だった。出身の旧薗部町の部落から成り上がった政治家の、脅迫めいた豪腕な政治手腕と、弱者に対する優しさと云う多面性に焦点を当てた評伝だ。 この機に再読している。野中が存命中に出た評伝ではあるが、今にしても興味深い。

ル=グウィンについては、再び「ゲド戦記」を買い直している。ハイニッシュ・ユニヴァースも、『ロカノンの世界』等は絶版だ。しかし、代表作である『闇の左手』は新版トールサイズで現在でも入手可能だ。《冬》の名を持つ惑星ゲゼンの荒涼たる風景は、ともするとアースシーの荒涼さにも通じるものがある。 だがそれは、荒廃しているのではない。常に曇天に蔽われた多島海や、氷の惑星は、その背後に複雑な文明の多様さと豊かさを擁しているのである。

それ等については多分近いうちに個別に書こうと思う。気が向けばだが。

 

嗚呼、プリキュアも前作「キラキラ☆プリキュアアラモード」が終了し、新作「Hugっと!プリキュア」が始まってしまった。それには一寸光陰矢の如し感がある。まだまだ二話しか放送されていないが、そちらの感想ももっと定期的に書けたらいいなァと、何時ものように希望だけ述べて今回も締めることとする。 皆さんも面白い本を沢山読み、楽しいアニメや映画を沢山観て、有意義な生活を送って欲しい。

SPONSORED LINK

新年について

今日は成人の 日だそうだ。なので休日である。余り休日ばかりだと個人的には困ってしまうのだが、しかし昨日は消防団出初式で大変、と云うか何だか慢性的に疲弊しているので僥倖と云う所か。それにしても、最近下手に疲労すると夜寝付けなくなる。睡眠の質も下がり悪循環だ。よくよく現状の生活を見直さねばならない。

 

 

新年最初の更新なので、巷でよく見掛ける「旧年読んだベスト幾冊」みたいな記事をやってみたいなと思いつつ、メディアマーカーやら読書メーターやらを眺めていなが、余り興が乗らなかったので、今回は保留にしたい。読書日記なんて、そもそもブログでは「赤い海」なのだから、広大なネットの片隅で好きなことを細々となっていればいいものだろう。気が向いたらその内やります。

 

本と云えば、今月は先年下半期の芥川龍之介賞直木三十五賞の発表である。最終候補作が暫く前に発表されたが、正直宮内悠介以外知らない。その内柚木麻子が受賞してくれるだろうと云う興味しかない。まァ、宮内には取って貰いたいが、自分がどうこう心配することもないだろう。しかし、これが契機となり、候補作に重版が掛かり、また店頭の目立つ箇所に置かれるのは結構なことだ。

 

参加している文芸同人では、年位一度同人誌を作成するが、今回は適当なものがなかったので、自分は掲載希望しないことにした。何時もは関西(大阪若しくは京都)の文芸フリマに参加して発売しているが、今年はエントリーが遅れてしまったようで、金沢を検討しているそうだ。実現したとしても、ちょっと当日はお手伝いに行けそうにないのが残念ある。

新号が完成したら、このブログでもご紹介したい。まァ、 自作は載っていないのだけれども。

 

テーマや纏まりのあることを書こうとしたが、結局近況を少々紹介しただけの記事になりそうだ。しかし日記として気負わず継続するのなら、それくらいが丁度良いのかも知れない。兎にも角にも継続性と、後出来るなら文章の推敲の習慣が大切だ。今年はその二つを心掛けてゆきたい(と書きつつ、既に本文の何処かに誤字脱字や不自然な表現があるかも知れないが)。

 

年末に佐々木敦著『筒井康隆入門』(星海社新書)を読んだ。先んじて、早川文庫から刊行されている日下三蔵編『日本SF傑作選 筒井康隆』を読んでいる。タイミングも良いので、年初めは筒井作品の、嘗て読んだものも含めて幾つかを集中的に読もうと計画している。今の所、プランの進捗は順調だ。恥ずかしながら『旅のラゴス』や『ロートレック荘事件』等、実は未読である。

 

それでは皆さん、遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。本年も、充実した読書生活が送れるよう努力してゆきたいと存じます。虚構こそが、翻って現実を豊かにすると、素朴に信じて止みません。

筒井康隆入門 (星海社新書)

筒井康隆入門 (星海社新書)

 

 

 

SPONSORED LINK

「溶けてしまいそう」十周年——「ryo (supercell) × やなぎなぎ メルト 10th ANNIVESARY MIX」

supercellのryoが十周年と云うことで、自身の楽曲である「メルト」をリミックスした。歌っているのは、嘗てのガゼルことやなぎなぎさんだ。

取り敢えず聴かれませい。

 

あれからもう十年なのかと聞いて、正直特に驚きはなかった。 まァ時間の経過とはそんなものかと思たからだ。

しかし、当時のガゼル、その後のナギさんの歌声を 知ったのは、今でも幸運だと思っている。ネットには凄い歌唱力と声の持ち主がいるものだと盛り上がっていて、みんな大好き「化物語」でEDを歌ったことで、いよいよメジャーレーベル(?)進出か‼︎ と注目したものだ。 しかし、アニメもその頃は余り観ず、況してや音楽シーンを追っていたこともなく、ネットにも一口齧る程しか詳しくない自分としては、もっとプロとして活躍してくれればいいのにと勝手に思っているだけで、その名を眼にしなくなった。

そんな中、その名前に再会したのは、アニメ版「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」である。当該アニメでOPを歌っていて、「やなぎなぎ」名義で活動していることを知ったのだ。アニメ本編よりも実はそっちの方に感謝しているくらいだ。

歌は時代を映すと云うが、別段このオリジナルを聴いていた頃、時代がどうだったか、その時の生活環境や心境を思い起こすことはない。だが、そうした種々の他因的(そんな言葉は存在しないが)要素を排して、この楽曲はそれだけで自分個人に根ざしているように思える。自己の意識に紐付けされていながらも、他の経験的与件とは独立しているかの印象だ。

つまり何が云いたいのかと云うと、やなぎなぎさん凄いです頑張って下さい応援していますということだ。自分が贔屓にしている人の活躍を眼にする程、心躍ることはないのだから。

 

あと、一日早いのかもだけれども、メリィ・クリスマス、ミスター・ローレンス……。

SPONSORED LINK

翻訳の豊饒さ

もうすっかり年末である。うかうかしている内にブログも 絶賛放置中だ。放置してるのは、ブログだけではない。人生で大抵面倒くさそうなことは放置、または先送り中だったりする。ワタクシだけですかね……。

そうこうしている間にも、息したり眠ったり本を読んだり、糊口を凌ぐ為に会社員の真似事をしてみたりと社会人に擬態して生きている訳だが、そろそろ鍍金が剥がれてしまいそうだ。誰か助けて。

 

幾人かはそうだと思うが、海外文学の古典の場合、気に入った作家、または作品は、翻訳が出る度に買い足していることだろう。かく云う自分の、ドストエフスキー『白痴』は、新潮文庫木村浩訳、河出文庫の望月哲男訳、そして刊行中の光文社古典新訳文庫亀山郁夫訳と 3ヴァージョンを所持している。初めて読んだのは、木村訳で、岩波文庫や嘗て河出が出していた全集でお馴染みの米川正夫訳は実は未読だ。

夫々読み出すのに、かなり時間が空いているので、殊更読み較べようとしたことはないが、翻訳が幾種類も出ていることは、何と恵まれていることではないか。特に望月訳と亀山訳は2000年代に這入ってからの翻訳なので、読みにくさは余り感じない。そもそもロシア語に関する素養がないので、言語的なニュアンスは専ら日本語に拠ってしまう。原語についてはお手上げだが、大元の小説自体が頗る付きに面白いので、定評のある訳ならばそれが失われることはあるまい。

そう云えば、ダンテ『神曲』も岩波文庫の山川訳と、河出文庫の平川訳の二つを持っていた。近年出た講談社学術文庫版もいいなと思いながら、まだ手は出していない。角川版もそうだ。

そして、実はプルースト失われた時を求めて』も、集英社文庫ヘリテージの鈴木道彦訳と、岩波から刊行中の吉川訳を購入している。もうここまで来るとちくま文庫のイノキューこと井上究一郎訳も欲しい。しかしこんなことは、まだまだ可愛い方だろう。しかしながら、時代が進む程研究成果も蓄積され、訳本の巻末に附記される解説等がより詳しくなってゆくのが結構ポイントが高い。集英社文庫版『失われた時を求めて』は、訳者解説の他に著名人のエッセイまで載っける豪華版だ。

プルーストやダンテもそうだが、ドストエフスキーは未だに日本人が好きなのか、新潮文庫を始め代表作は入手し易い。しかも海外文学と云えど、古典で文庫は、まァ書籍の中では廉価の部類ひ這入るので、擦り切れる程に読んでもまた気軽に買い直し出来る。嗚呼、出来るならばこうして永遠に読み続けていたいものだ。

 

最近、こうして取り止めもない文章を書くのも、億劫だ。色々枯渇して来ているのだろう。どうか皆さんはそんなことにならぬよう、良い本を沢山読み、善い人間でいて欲しい。グリーンマイルは遠すぎるが、しかし読書と雖も、肉体の衰えは如何ともしがたい我々にとって、それは他の多くと同じく老後の愉しみにすら、実はなりにくいのだから。

 

SPONSORED LINK

ニチアサの時間帯変更

神無月だ、今日から(ここは出雲ではないので)。

 

 

今月から、ニチアサの時間帯が大幅に変わると聞いていた。

先月で、7:00からやっていた「ヘボット」が丁度一年4クールで終了し、8:30まで報道番組がスタートした。よって、順番が「プリキュア」を軸に反転したようになり、

 

8:30~「プリキュア

9:00~「仮面ライダー

9:30~「スーパー戦隊

 

と相成った訳である。

時間録画予約を確認してみたら、一種間前にはまだ地デジの時間表に反映していなかったのか、予約自体が消えていた。危なかった。

10月の番組改正に合わせてのことなのだろうが、東映にしてみれば、丁度裏番組で「ドラゴンボール超」や「ONE PIECE」が放送している時間帯と丸被りすることになる。大丈夫なのだろうか視聴率と、別に業界関係者でもないのに、ちょっと心配してしまうのは、要らぬことだろう。フジの方は観ていないんだ。御免。

備忘録的と云うか、事後報告的な記事だが、各番組の感想はまた機会と書く気があったら。今月は「プリキュア」の映画も公開予定で、秋はプリキュアシーズンである。新聞も出るのかな。今回のゆかりの個人回も面白かったけれども、次回のあおいとひまりんの、もう友達を通り越した関係にしか見えない回も、楽しみで仕方ないよ。

 

SPONSORED LINK

モダン・ホラーの帝王生誕祭

九月は、古語で何と云いましたっけ?

皆さん御機嫌よう。偏頭痛が酷かったり、数箇月に亙って咳に悩まされたりしていて、それでも否応なく日常の波は襲ってくるので、それを辛うじて避ける毎日、皆様は如何お過ごしでしょうか?

もう九月も終わりだ。中々コンスタントに更新出来ないのは、自分の懶惰さにあるのだが、まァ飽くまで個人的なブログなので許したい、自分を。

世間は悪い文明だから粉砕すべし。とか、「オーノー、キラッと閃かない」とか云っているこの頃だが、自分以上に、この期に及んで内外問わず問題山積の状態であるにも係わらず、解散総選挙を選択したりする与党がいたりと、周りは自分以上にクレイジーな様相を呈している気がする。他に投票する所がないから——と云う極めて消極的な行為で、某与党が集票するのは果たして如何なものか。まだ蓋を開けてみなければ結果は判らないけれども。

 

 

 

 

シロウトの身の丈以上な政治的ボヤきは措いておくとして、来る9月21日は、スティーヴン・キングの生誕祭らしい。大体自分の父親と同じ世代だ。それでも毎年コンスタントに新刊が出るのは凄い。緑内障を患っているらしいが、それでもここ数年、『デュマ・キー』から見ていてもかなりのヴォリュームのものが刊行されている。『ドクター・スリープ』、『ミスター・メルセデス』も上下巻だ。

しかしながら、自分はキングの近作の熱心な読者ではない。お気に入りは 不評絶版(新刊でないことが不評と云う意味で)の『ファイア・スターター』であるし、それとは別に傑作は『セイラムズ・ロット』だと思っている。

そうは云っても、「ダーク・タワー」シリーズが愈々映画化と聞いて、角川文庫から新装版として刊行されている件のシリーズは購入中だ。新潮文庫で持っていたが、以前にも書いただろうか、引越しの際に売ってしまって大変後悔している。原書のペイパー・バックに添えられた挿絵が、素敵だったからだ。

その角川文庫版も、残す所、後1パート『暗黒の塔』だけだ。

超技術文明が滅んだ後、再び中間世界を統一した偉大なるアーサー・エルド(ペンドラゴンではないよ)王の正統なる子孫、最後のガンスリンガーであるローランド・デスチェインの、黒衣の男を追うことを端緒とした暗黒の塔への旅路は、如何なる結末を迎えるのか。そして、塔に鎮座する深紅の王——クリムゾン・キング(バンド名でもスタンド名でもないよ)モルドレットとの対決の行方は……?

と、 超流感で人口が減り、荒廃したアメリカも斯くやと云った中間世界と終焉世界を中心に、孤独な拳銃使いは仲間を得、そして失い、塔を目指す。それが、彼の運命だからだ。

そして、本を再読する度に、そうした永劫に続く輪廻のような、或いは無間地獄とさえ思われるような暗黒の旅路に読者もまた同伴することになる。それは、荒廃した世界にありながらも、悪夢的で魅力的な行程だ。

輝ける悪夢こそが、キングの持つ虚構の力であり、フィクションの魔法なのだ。そして読者は、キングを含め、そうした幾多のマーリンの所業に餓え、それを求めて、再び本を読み始めるのである。

読書の或る面は、人生を豊かにするものではない。それは個人の裏側を照らし、魅了し、それなくしては生きてゆけなくなる極めて依存度の高いものである。

その暗闇の先、角を曲がった所にどんな夢魔が待っていようとも、怯みながら、時にそれを期待して、我々は頁を捲る。それは現世を正常に生きる者の行いではない。

大いなる嘘の中にこそ、我々の最大限の人生の目的があるのだ。

 

SPONSORED LINK

脳内ポジティヴ物質だだ漏れの曲紹介——或いは今更のアニソン所感

現代は悪い文明! 粉砕する!

と、日々気焔を上げている今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか ?

お察しの通り、不肖小生は碌な人生を過ごしていない気がしなりません。 自分自身の主観に帰結する、錯覚か何かだと思いたいのですが、しかしそう思う根拠もありません。やれやれ。

 

と云う訳で、世知辛い、ばかりの世を、世知辛く生きるのには誰しも疲弊するものなので、最近脳内再生率のヤバい曲を紹介して、今回はお茶を濁したいと思います。

どちらも今更——今となっては有名なものなので、別にここで紹介されてなても……とお思いの方もいらっしゃるやも知れませんが、お付き合い下さい。

 

オーイシマサヨシと云えば、アニメ「月刊少女野崎くん」のOPだが、上の作詞作曲も行っていると最近しった。自動車を運転している最中は、音楽やラジオを聴かないのだが、その最中にずっと脳内再生されている。正にオーディオ要らずだ。ずっと聴いていると、脳髄から何か変なものが分泌されてだだ漏れているんじゃあないかと妙にハイな気持ちになるのだが、最近のアニメソングや、今までのシンガーソングライターとしての経験と知識、技術を動員した結果なのだろう。 ニコ生で流していたご本人の弾き語りも、口からCD音源の異名を感じるくらい素晴らしかったよ。

あ、「けものフレンズ」はこの記事を書いている時点で観てはいないのだけれどね。

もう一曲は、「キラキラ☆プリキュアアラモード」の二期エンディングテーマ「シュビドゥビ☆スイーツタイム」だ。今回も引き続き、まこぴーこと宮本佳那子が歌う。色々な所で云っているが、特にフルで聴くと明らかにキッズが歌うには難易度が高い。自分が歌うのにも高過ぎる。しかし、現代のキッズは、時に何でも年長者顔負けでこなすので、案外愉しく巧く、歌い、且つ踊ってくれるのかも知れない。頑張れキッズ。心の中で応援してる。

これもまた、脳内からポジティヴ物質が分泌される曲だ。CDまで買ってしまったものだがら、テレヴィサイズ版だけでなく、ほぼ毎日フルサイズが自分のヘッドフォンから流れている。それも際限なく。寝る前の子守唄等には、無論ならない。テンションだだ上がりである。自分もステージの周辺で、心のミラクルライトを振っているよ。映画じゃあないけれどな。

……と、若干情緒不安定気味に紹介した。二曲とも著名なので今更感が漂うが、しかし動画を埋め込む方法も憶えたので、収穫はあったし、良しとしたい。些か苦言めいたことを云うなら、「キラキラ☆プリキュアアラモード」のOPムーヴィでもう少し新キャラのキュアパルフェを巧く組み込めなかったかと思う。しかし、駒形さんの歌うOPが相も変わらず、EDに負けず名曲なのは変わりない。

音楽にも人一倍疎いが、世の皆さん、大したことのない日常だが(←失礼なこと云って御免)、アドレナリンだか、エンドルフィンだかが出る曲を聴いて、別世界に一時でもトリップしてみては如何だろうか。それが案外、現実を豊かにしてくれることに繋がるかも知れない。 そしてそれは、全てのフィクションにも共通する魔法だ。

SPONSORED LINK