奥津城まで

所謂日記だ。ブログには何度もトライしては挫折してきた。出来ることなら長く続けたいと思い、上のようなブログ名にした所存。

映画

燈を点けよう、雪洞……人生に。

気が付けば弥生だ。月初はそんなことばかり書いている。 これでも一応社会人だが、特段異動やらの人事的なことには今の所関わりがないので、年度末、年度始めは、特に変化はないであろう。周囲は大変そうなのだが。また、変化がないことが良いことなのかそう…

自ら傷を受けること——「映画プリキュア」所感

週は明けて、みんな大好き月曜日だが、昨日観た「映画魔法つかいプリキュア!」の熱が未だ冷めやらぬ。 よくよくネットを閲覧していたら、嘗て住んでいた洛中のT-joy京都では、斯様な素敵イヴェントがあったそうな。「映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!…

みのりちゃんがプリキュアになった日

以前は最速上映会とかに行っていた。田舎に引っ込むことになって、それも叶わなくなったが、それでも映画事情には不便ではない。 と、云うことで、 ここ数年では毎秋恒例の今年度のプリキュアの映画、「魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身! キュアモフルン…

「昭和の戦争」と「ポニョ」

抽象的で、主張めいたものも、結論めいたものもない文章を取り留めもなく書くのは、凡そやってはいけない表現だろう。詰まり何が云いたいの? と問われるのが落ちだし、それは真っ当な意見だ。 今日は何時になく歩いた所為か(勿論仕事でだが)、脚が疲れた。…

休日の過ごし方——或いは岡本喜八監督「日本のいちばん長い日」を観て

と、云う訳で、10月も既に下旬だ。 どうしても、うかうかしていると、長文を書く習慣が乏しくなってしまう。その習慣化、もとい嘗てのリハビリも含めて、また、常日頃考えていることを再確認、あわよくば再発見する目的で、このブログを始めたものだが、一箇…

永遠のR2-D2——或いは最近の読書について

ケニー・ベイカーが亡くなったのは、ちょっとショックだ。 無論、自分が一番かの俳優に親しんだのは、顔出しすらしていなかった「スター・ウォーズ」シリーズなのだが、彼の演技が、あのユニーク且つユーモラズで、最も頼りになるR2-D2に生命を与えているの…

「ホビット」で暮れたゴールデンウイーク

ゴールデンウイークもいつの間にか終わり、平常運転に戻った週もまた終わろうとしている。こうして、今年もあっと云う間に半分が過ぎ、全部が過ぎてしまうのだろう。毎年毎年結構なことだ。 ゴールデンウイーク中に、計画の一環として(そんな大したものでは…

卯月も今日で終わり——あと「スターウォーズ エピソード7」とか

四月も今日で終わりだ。 昨日に較べて風も強くなく、天気も良くて、活動するには結構な気候だった。と云っても、連休だから何処かへ行くとか、何かレジャー的なことをすると云った訳ではない。 家内の一部を掃除し、時季の相応しく五月人形を飾った。特にど…

「悪魔の手毬唄」と『ヒトラーとナチ・ドイツ』

夕刻以降、雨が降ったりした所為もあってか、半袖では肌寒い程だった。 去年までは関西に住んでいたので、お盆が過ぎても、正直十月くらいまでは暑い暑いと思っていたものだが、実家に戻ってきてまだ一年と経たないが、矢張り気候は明らかに違うのであろう。…

恐るべし山﨑努ーー映画「日本のいちばん長い日」 恐るべし山﨑努

今日は映画「日本のいちばん長い日」を観た。 原作本ではピロローグがポツダム宣言発表からだが、映画では鈴木内閣の組閣から始まる。帝国日本は既に凡ゆる戦争資源を消費尽くし、後はどう終わらせるかという、未だ明言出来ないが、本質的に当時の政治家の心…