読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥津城まで

所謂日記だ。ブログには何度もトライしては挫折してきた。出来ることなら長く続けたいと思い、上のようなブログ名にした所存。

健康診断と運動

雑記

昨日から、東日本では気温が低いらしい。暑さが続いたりとまだ8月内なのに非常に極端な気がするが、以前も書いたように、もう立秋を過ぎ、暦の上では秋である。

今日は勤め先の健康診断があった。今の勤め先では初めてからっだのか、今までは勤め先の健康診断と云えば身体測定の言い換えではないかと思うようなものだが、バリウム胃カメラさえなかったものの、

・身長体重測定

・尿検査

・視力、聴力検査医

・血圧測定

・血液検査

・心電図

・胸部レントゲン

・問診

と、結構なメニューである。

衝撃だったのは、体重がここ半年超で10キロ以上増えていたことだ。

昨年の年末辺りに生活環境が変わり、その影響も大いにあるだろう。今までが極端に痩せ過ぎであり、現在はバランスが良くなったそうだが、油断は出来ない。もう三十路の坂は越えているのだ。このまま半年後また10キロ増となっていたら目も当てられないーーと云うか、生活習慣病真っしぐらである。

今までは比較的都会で生活していたし、また運転免許も持っていなかったので、移動方法の中心は徒歩だった。それが今は田舎に越して来、通勤するにも休日何処かへ行くにも、車でないと無理である。そうなると必然的に生活の中の運動量が激減することになる。それが主な理由の一つだと、素人ながら推測しているが、どうだろうか。

ともあれ、生活する上で自然と或る一定量の運動量が保てないのならば、個人的には非常に困難なことだが、その時間を意識的に作らねばならない。詰まり、ウォーキングでもジョギングでも筋トレでも何でも、特別に運動自体に時間を割き、それを習慣化しなければならないと云うことだ。無論、暴飲暴食間食の類もまた御法度である。

告白しよう。正直、運動が嫌いだ。その自分が、運度の為の時間を捻出し、実行し、習慣化するのは、恥辱に塗れる程の気持ちである。(若しいらっしゃるのなら)読者よ、大いに笑われるが良い。大袈裟だと呆れるが宜しい。そう云う人間もまたいると云うだけのことだ。

そんなことなので、試しに30分間、登り坂を中心に歩いてみた。思った程汗も搔かない。以前ならこのぐらいの運動でも滝汗だったが、どうやら代謝機能も低下しているらしい。

正直、色々先が思いやられる……。

 

SPONSORED LINK
広告を非表示にする