奥津城まで

所謂日記だ。ブログには何度もトライしては挫折してきた。出来ることなら長く続けたいと思い、上のようなブログ名にした所存。

連休1日目ーー「シャーロック」観たり等

昨日は、昭和の日と云うことで、連休の一日目だった。

天気は良かったのだが、風が強い。おまけに夜は少々寒かった。

貧乏閑ありと云う謂いはないが、文字通りお金のない連休程、閑なものはない——と云うのは、明らかに凡人の発想なのだろうが、自分は凡人であることには一廉に落ちることはない為、あるようで直ぐに、そして無為の内に過ぎ行く時間を無い知恵を絞って愉しまなければならない。

無為を愉しまなければ——と云う義務的表現もおかしなものだが。

 

愉しみ自体に、何か別の目的を持ってする訳ではないが、一つの行為に目的が複数あってはいけないと云うこともないだろう。

 

朝方から午前中に掛けては、脳の活動が比較的活発になると云われるので、連休二日目の午前にこれを書いているが、特に何を書こうと云うテーマも決めず、また、昨日何をしたと書く積もりもないので、何時もの如く大変抽象的な記事になることを、若しこのブログを読んでいる方がいるのなら、ご寛恕願いたい。

しかし、抽象的な事柄こそ、言葉の本義であり、それをある種の藝にまで高められれば、それは此方の本懐でもある訳だ。……そうなる素質と才能と、そして継続的努力が伴っていればの話だが。

 

とは、云いつつ、出来るだけ無為にとは思いつつも、連休を一切何もぜず、寝てばかりいる訳でも、ある意味残念ながら、ない。

先だってM、日本では劇場公開された、BBC制作の海外ドラマ「シャーロック」だが、早くもNHKBSプレミアムで放送と云うことなので、まだ観ていない回(意外と多くあった)や、再放送で観逃した回等を纏めてレンタルしてきて、一気に観てしまった次第だ。

再度のものもあるとは云え、どれも面白く観られた。特に、原作の本歌取りの巧さ、しかも、小ネタとしては勿論、ツイストの効かせた巧さには、思わず観入る。脚本は主に、ゲイティスともファットの二人が書いているようだが、それはどこかエラリー・クイーンの創作方法を思わせる。複数の意見が有機的に合わさることで、より相乗的に面白くなると云う好例か。

そんなこんなで、単にDVDを観て夜更かししただけで、計画通りとか抜かす積もりはないが、まァ、身の程に合った連休初日であったことは確かだ。

別段、漫画の神様の教えを態々引くまでもないが、読書にしろドラマ・映画視聴にしろ、単に漠然と読んでいる・観ている訳ではなく、インプットとして行っている積もりだ。

そうしたインプットに伴うアウトプットとしてこのブログもあるのだが、まァ、他者にとっては、特に読んでて面白い訳でも、含蓄がある訳でも、知識が増える訳でも、認識が改まる訳でもないことは請け合っておく。勿論、云い訳だ。

 

皆さんも、良い連休を……。

 

SPONSORED LINK
広告を非表示にする