読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥津城まで

所謂日記だ。ブログには何度もトライしては挫折してきた。出来ることなら長く続けたいと思い、上のようなブログ名にした所存。

近況と云うか、面白くない人生について

話題は恐らく、掃いて捨てる程あるのだが、掃いて捨てる程度の話題しかないのが、自分の生活の難点だ。

日中は暑くなってきたのだが、朝夕、そして夜は寒い。体調を崩す人も出てくるのも道理だろう。皆さん( このブログをお読み下さっている奇特な方がいるとしてだが)も体調管理には充分に注意されたい。

 

某都の都知事が、政治資金に関して、公私混同しているとか、もう直ぐG7の伊勢志摩サミットがあるとか、メディアのテーマはその辺りが中心だ。不明瞭な答弁や、謝罪やエクスキューズする気のあるのかないのかよく判らない「謝罪会見」やら、まだ始まっていない国際会議について、特段どうこうはないが、東京五輪は一度見直して、その運営費を、熊本の復興、且つ、あの規模の地震は、日本各地何処でも起き得る為、その対策費に当てるべきではと思う。正直、阪神淡路大震災及び東日本大震災の教訓が、活かされているようには余り思えない。直近20数年内の出来事から学ぶことも、この国や国民の一部は出来ていないのかとさえ思う。

 

……おっと、柄にもなく真面目な、それも、多くの人が思っているだろうかなり一般的な意見を書いてしまった。要は、人生不測の事態は大なり小なりいくらでも起き得る ので、出来る限りそれに備えて生活したいものですねと云うことだ。自分自身だって、何時身体が動かなくなるのか判らない。先のことは、正に神のみぞ知る ——詰まり知り得るもの等いない——のだから。

 

存外、ネガティヴなことを垂れ流し的に書いてしまった。まだ、読む人の立場を気にして、ブログを面白可笑しく、しかも含蓄さえあるように書くことが出来ない。そんな積もりあるのかとツッコミがありそうだが、正直多少はあると小声ながら云っておきたい。面白き事もなき世を面白く……と、高杉晋作も詠ったそうである。死ぬも生きるも一定……と覚悟せよとは自分も思わないが、詰まらない日々を、何とか詰まるように(勿論、人生詰むと云う意味ではない)、試行錯誤と創意工夫で面白くなるようにしてみたいものだ。特段のスリルやリスクは、そこには必要ない筈である。

 

何だか本当に取り止めもない文章だが、ご寛恕頂きたい。もっと、もっと、面白くなるように、おらも頑張るからさ。

 

SPONSORED LINK

広告を非表示にする