奥津城まで

所謂日記だ。ブログには何度もトライしては挫折してきた。出来ることなら長く続けたいと思い、上のようなブログ名にした所存。

ウエスタンとノスタルジー

入梅の季節だが、一向に雨が降る気配もない。

最近は、と云うか以前からそうだったが、頭の 箍が外れているのか何なのか、矢鱈と本を買う。しかも、帰郷してこの方、ネットの便利さを知ってしかも新刊情報とか届くので、購入は非常にシームレスだ。まぢやばい……。

 

別段映画も観ないし(そういえば、「ゴースト・イン・ザ・シェル」すら 観なかった)、本も、何時も読んでいるものが、注文通りに届くくらいだ。最近、スティーヴン・キングの〈ダークタワー〉パート4、『魔道師と水晶球』が届いた。新潮文庫で持っていたが、引っ越しの時に売ってしまったので、丁度角川から出ているのを再購入しているものだ。本としては新刊な訳だから再購入と云うのもおかしいが。

しかし、キングにしろ、文庫化して毎月出ている荒木飛呂彦の『スティール・ボール・ラン』にしろ、最早読んでいる動機は、それが面白かったからと同時に、ノスタルジーである面が強い。それは古き良きアメリカであり、しかも作者が創作した架空のアメリカなのだ。それが〈中間世界〉であり、また特異点を超えて一巡した宇宙のアメリカであることがその証左でさえあるように思われる。

それに、ウエスタンに挑み、今更こんなに面白く創造出来るのは、もうキングか荒木くらいしかいないのだろう。ウエスタンであることが既にノスタルジーなのである。

 

と、取り留めもなく書いてみた。そんな分量でもない。最近、きちんとした構成の文章が書けなくなっている気がする。それは言語を司る脳の器官が衰えたのか、単に昔からそうだったことに気づいたからなのかよく判らない。若しかしたら、リハビリでどうにかなるのかも知れないが、そんなリハビリの産物を読まされる親愛なる読者は堪ったものではないだろう。その点は書き手として猛省したい。

 

とまれ、それこそキングも折に触れて云っているが、偉大なる諸氏よ、よき本を読み、お互い出来る限り良い人間であるようにしたいものだ。次にまた会う機会に恵まれようものなら、それこそ信じてもいない神の采配なのだろう。

 

 

SPONSORED LINK
広告を非表示にする