読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥津城まで

所謂日記だ。ブログには何度もトライしては挫折してきた。出来ることなら長く続けたいと思い、上のようなブログ名にした所存。

みのりちゃんがプリキュアになった日

以前は最速上映会とかに行っていた。田舎に引っ込むことになって、それも叶わなくなったが、それでも映画事情には不便ではない。

と、云うことで、 ここ数年では毎秋恒例の今年度のプリキュアの映画、「魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身! キュアモフルン!」が先の10月29日土曜日に公開されたので、勇んで観にいってきた。以下、その感想を書く。

 

【注意:以下、映画の内容に激しく触れます。未観の方はご注意下さい】

 

 

100年に一度目覚めると云う〈願いの石〉。その目覚めのを祝う為に開催された魔法界のフェスティバルに、三人と一体は内田校長に呼ばれる。石の目覚めと共に、配られたミラクル熊ライトに願いを込めると、最も強い願いを持つ者の願いが叶うと云うのだ。

そして、最も強い願いを持つ者として、 〈石〉に選ばれたのが、嘗ての日向みのりちゃんこと、我等がモフルンだった——。

しかし、〈石〉が目覚めるや否や、悪しきクマ——アクマのダークマターが乱入。圧倒的な力でプリキュア三名を蹴散らし、〈願いの石〉とそれに選ばれたみのりちゃん——ではなくモフルンを何処かへと攫って行ってしまった……。

みらいは落ち込み、周囲も顧みず単身モフルンを探そうとする。彼女を追う、リコとはーさん。

気付いたモフルンは、周囲に自分と似たクマが沢山いることに気付き、彼等彼女等と仲良く遊ぶ。それはそれは仲良く遊ぶ。まるで誘拐れたこと等嘘か夢であるかのように楽しそうだ。正直、みらい達のことすっかり忘れてやしないかと心配になる程だ。まァ、その反面、モフルンと別れ別れになったみらいの憔悴が引き立つのだが。

しかし、そこにまた悪しきクマ——アクマのダークマターが現れ、モフルンに自分の願いを叶えるように迫る。みのり……モフルンは拒絶するが、もしモフルンが自分の許に留まるのなら、プリキュアの三人には手出ししないとダークマターは云う。

モフルンは彼女達を傷つけまいとして、迎えに来たみらいを拒むのだが、ダークマターが二人の前に立ちはだかり……。

 

モフルンが三人から離れると云うことは、みらいとリコは変身出来ないことを意味する。そうすると戦闘は、専らはーさんことフェリーチェ担当になる。しかも、襲ってくるのは闇の魔法つかいや、ムホーを駆使する〈終わりなき混沌〉の眷属ではないので、おいそれと花魔法のエメラルド・リンカーネーションで撃退することは出来ない。そこで多用されるのが銀魔法のリンクル・ピンクトルマリンだ。これは結構使い勝手が良い。シールドとして敵の攻撃を受け止め、それを撃ち返すと云う攻守共に応用出来る。ピンクトルマリン大活躍だ。しょうがない、フェリーチェ、他に技ないもんな。

だが、そこは流石はーさんことフェリーチェ、心を通じ合うのは人だけではない。ドラゴン相手にも仲良くなり、味方にしている。全く頼もしい。魔法界の生物を仲間に出来るなんて、そっちの方が本領なのではと思う程だ。

そんなこんなで、再会したと思ったモフルンとみらいだが、みらいは変身出来ず、ダークマターに捕らわれてしまう。その時、〈願いの石〉とモフルンの意志が反応し、奇跡が起きると云う訳だ。よく奇跡の起きるアニメだな。主人公の一人がキュアミラクルなだけに……。

その奇跡とは、勿論この映画のハイライトであり、事前にテレヴィスポットでも華々しく紹介されていたモフルンのプリキュア変身である。

あの「モフモフモフルン、キュアモフルン!」と云う奴だ。

これが凄い。何とテーマソングまであり、キュアモフルンが活躍するシーンの劇版として掛かる。しかも、歌っているのが元祖にしてスーパーシリーズシンガーである五條真由美だ。作画もクライマックスに相応しく、スピーディでアクロバティック、そしてパワフルだ。凄いよモフルン。凄いよ大田寛和さN。流石はみのりちゃんだったよ齋藤さん‼︎

加えて、キュアモフルンには、ミラクルやマジカルと呼応するように、花魔法のカラフルスタイルがある。ルビーとトパーズだ。正直、元がイエローなので、トパーズスタイルだと何処が変化したのか一見しただけでは判らないが、兎に角三人が同じスタイルで共闘するのは興奮する。そして、無論、ここまできたら、アレキサンドライトスタイルも存在する。しかも翼まで付いている映画オリジナルのスーパープリキュア仕様、ハートフルスタイルだ。みんな揃って「虹の彼方に——」である。

そんな、素晴らしい活躍ぶりのキュアモフルンだが、ダークマターの真意に気付いた時、モフルンはその攻撃を一身に受け止めて力の源である〈願いの石〉ごと砕かれてしまい、喋らぬ元のぬいぐるみへと戻ってしまう。今までの活躍から一転して、もう、話すことも動くこともなくなったモフルン。みらいと意思疎通することもないモフルン。……果たしてモフルンはまた喋って動けるようになるのか? そして、プリキュアとして再起することがあるのか?

その結末は、皆自身の眼で確かめて欲しい‼︎

……と、今回はあらすじを中心に、ダラダラと書いてきたが、もっとテーマ別にも、他シリーズの劇場版と比較して書けたらと思ったりする。

しつこいようだが、スプラッシュ☆スター好きの自分としては、どうしたってみのりちゃんと被せてしまいのは仕方ないのでご容赦願いたい。

ちゃんと可愛らしいデザインなのに、戦う時は凛々しく格好良くても違和感がないという、凄まじい東映アニメーション・クオリティだった。

SPONSORED LINK

広告を非表示にする